活動報告 R1.11

現場の衛生状況、素人目に見ても危ない箇所はないかなど、施工中の現場を定期的にパトロールしています。

 


現場事務所に設置されているトイレの衛生状況です。
多くの職員が利用するにもかかわらず、清潔に保たれていました。
トイレ内の棚には予備ロール、消臭剤、掃除スプレーが用意されています。

 


トイレ内にはポスターを掲示。
清潔さを確保する意識が見て取れます。

 


現場事務所内に備えられている救急箱に不足がないかチェックします。

 


安全掲示板 安全掲示物の確認。
その日の作業内容や安全指示事項、作業の責任者や有資格者の選任がされているかなど、作業員さんに向けて適切かつ見やすく掲示されているかを項目ごとにチェックしていきます。

 


坂になっている通路に砕石が敷かれており、滑りやすく危険です。
そこで、現場内で発生した端材を利用し、ステップと手摺を設置し、事故を防止しています。
工事監理者の工夫が見られます。

 


作業員さんの身を守る安全資料が整理されているかを確認しています。
毎日の記載事項、作業ごとの指示書などの積み重ねがファイルの厚みに表れます。

 


現場事務所の外、仮設トイレ付近に配置された手洗いシンクに貼られている注意ポスター。
大規模修繕の現場では、毎日多くの作業員さんが多様な作業に追われています。
その中でも手洗いやトイレを綺麗に使おうという衛生面への気遣いが見られました。
(トイレ内にも衛生面の注意喚起ポスター有)

 

 

 

以上3現場でした。
3現場とも掲示物やポスターが見やすく整理されており、中には現場を和ませるイラスト掲示物、一言掲示物なども。緊張感の中でも和気あいあいとした様子が皆さんの笑顔から見て取れました。
これから冬季に差し掛かります。体調面留意されながら完成まで安全に頑張ってください。

 

 

 

関連ブログ

トップへ戻る