活動報告 H30.10,11

今回は計8現場をパトロールしました。
今回もそれぞれの現場ならではの工夫が見られました。

 

@ソーラーパネルの設置
山の中の現場の為、電気が通っておらず発電機を使用していましたが、発電機だけに頼らず、ソーラーパネルを設置するという工夫が見られました。

 

A緊急時の安全・衛生面での対策品
ある現場では、救急箱と熱中症対策の箱が分かれており、緊急時にすぐ対応ができるようになっていました。

 

また、他の現場では防災グッズが常備されていました。

 

B危険場所への注意喚起
危険場所への注意喚起は当たり前のことですが、現場の端に溝があり、そこに雨水が溜まっていました。
人が近寄らないところでも、誰が見てもパッと分かるようにカラーコーンが置かれており、安全への配慮が見られました。

 

D資材置き場
休憩室がない現場での工夫です。
作業着や雨傘などの保管先がない為、資材置き場の中にありました。
いざという時にもすぐに対応できるよう、整理整頓もされていました。

 

 

 

ある方のヘルメットには、ゼロ災宣言のステッカーも貼ってありました。

 

資材がきちんと整理されていて、気持ちが良いです。

 

トイレもキレイな現場が多かったです。

 

前回、トイレが汚いと指摘した現場では、週一回のトイレ掃除を徹底されており、清潔感が漂っていました。

 

 

 

 

 

 

トイレの予備ロールの確認と準備、救急箱の中身の再確認等、現場作業だけではなく、小さな所にも気を配ってほしいです。

 

 

 

関連ブログ1
関連ブログ2

トップへ戻る